25番線 4月5日は福山市議会議員選挙!投票に行ったほうがいい本当の意味とは⁉️

↑福山駅前

どうも、藤永智也です。

すでに期日前投票が始まってますが、

4月5日(日)は、福山市議会議員選挙!

https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/senkyo/

 

僕は、皆さんに投票に行ってほしい!!

という想いがあり、この記事を書きました。

 

その上で、僕が想う

投票に行く本当の意味

を伝え、この記事で「市民」「政治家」両方に貢献できたらと思います。

もちろん、他の自治体の方も、ぜひ参考にしていただけたらありがたいです。

※この記事は、藤永が個人で、個人の意見として執筆したものです。

 

若い世代の投票率が低い

下の図は、総務省HPから抜粋した、国政選挙(参議院)における、「世代間投票率」の推移のです。

※投票数ではなく、「投票率」です。

画像:総務省HP 参議院議員通常選挙における年代別投票率(抽出)の推移


これを見ると、若い世代、特に20代の投票率が少ないことが分かります(令和1年参議院選挙では、10人に3人の率)

若い人に盛り上がる投票もある!

楽しい「画像:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)」


とはいえ、同じ「選挙」「投票」でも、

●AKBの総選挙

●M1グランプリ敗者復活戦国民投票

こちらは全国放送され、推測ですが、投票率で言えば、若い世代の人のほうが高い と思います。

ネット投票の実現を

上の2つのイベントで、若い世代の人が投票してる理由は、

①自分が投票した人が選ばれるかも!というワクワク感がある!

②ネット投票で気軽さがある!

だと思います。

 

一方、政治家や政治を考える時、

①のワクワク感は、難しい言葉が出るため、どうしても抱きにくいですが、

②は、技術的にはネット投票は可能だと思います。

投票所へ行く心理的ハードルをなくせる上、投票所を設置しないから、コストが下がります。

 

投票率を上げるために、政治家側ができることの1つは、②のネット投票と思ってます。

投票に行ってる人のために、政策は考えられている

投票(提供:無料写真素材 写真AC)


さて!僕は、政治家だけが頑張ればいいと思ってません。

市民(国民)に、投票に行ってほしいと伝えてるのは、根拠があって

行かなかったら、その人自身が損してるんです!

 

特に若い人に伝えたいですが、

日本が、高齢者向けの政策に、比較的重きを置いてる要因は、知ってますか?

 

それは、

(選挙という)意思表示をしてくれる人のことを

●優先して

政策を考えてる

からだと、思います。

 

言い換えると、

「時間と労力をかけて投票してくれた人たち」のために、政策を考えてます!

そして今の日本は、「時間と労力をかけて、投票してくれた人たち」の多くは、高齢者です。

 

だからこそ!若い人たち!

投票に行かなかったら、損しちゃうよ!

ということです。

 

じゃあ、なぜ政治家は、「時間と労力をかけて、投票してくれた人たち」のことを優先するのか?

その答えは、簡単なことですが、例を挙げて、説明します。

心理的に考えてみて

ヒント「画像:無料写真素材 写真AC(https://www.photo-ac.com/)」


あなたが、ある組織で、会議の進行役を務めるとします。

日に、△△について会議をします」と召集して、会議を開きました。

 

この時、

●Aさん→会議に参加し、意見を出した人

●Bさん→欠席した上、事前に意見も出さない人

どちらの人を尊重して結論を決めますか?

 

僕なら、Aさんですね!

理由は説明しなくても。。。と思いますが、Aさんのほうが、より組織のことを考えてくださってます!

そういう人の意思を大事にしたい!と、心理的に思います。

 

この過程を「選挙」で当てはめれば、

●Aさん→投票に行って意思表示した人

●Bさん投票に行ってない人

となり、Aさんのご意向が政策に反映しやすいと思います。

白票という手段がある

投票(提供:無料写真素材 写真AC)


あなたが投票所に行き、誰に投票したらいいか分からない場合、

※藤永個人の意見で伝えますが、

まずはこの二択を考えたらどうでしょうか?😃

 

 

①「今の世の中の方向性がいいから、与党」

②「今のの世の中の方向性に反対だから、野党」

 

 

それでも分からなかったら、

白票という手段があります

 

白票とは、「投票用紙に何も書かないこと」です。

もっと言うと、白票は、

●「誰がいいか分からない」

●「心に響く政治家、政策がない」

という、意思表示になるのです!

 

極論ですが、若い世代の投票率が30%前後ですが、

もし投票に行かなかった70%の人たちが、全員白票を出したら、

政治家は、その世代に合う政策を考えると思います!

 

なぜなら、白票は「もしいい人がいたら、そっちに投票します!」という意思表示でもあるので、政治家が参考にして下さります。

 

投票締め切りまであと4日!

以上を踏まえ、投票に行きましょう!と、書きました。

冒頭で伝えましたが、この記事は、藤永が個人で、個人の意見として執筆したものです。

執筆日は4月1日。

期日前投票を含めると、あと4日あります。

ぜひ時間作って、今後の福山市のために、皆さんで政治に参加しましょう😃

記事の投稿者

・藤永智也

関連記事

・初めてこのサイトを見た方はコチラ

・健康について

・理念・活動内容はコチラ

・事業主、法人の方へ

・ご依頼・ご相談・「会いたい」などなんでも! コンタクトを取るにはコチラ

 

「SNS」連結はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA